春宵人形企画・広報室

不定期にあちこちにあらわれる不思議なお店。魔法のかかった人形たち。Twitter:http://twitter.com/haruyoitenshu次回開催『星月夜人形店』2015年10月20日(火)〜25日(日)自由帳ギャラリーおよびToo-tikci店内ミニギャラリーにて同時開催。〜過去の展示会〜人形展『春宵人形店』2015年3月17日〜24日アートギャルリ谷中ふらここ・2階ギャラリーにて開催。
不定期にあちこちにあらわれる不思議なお店。魔法のかかった人形たち。
Twitter:http://twitter.com/haruyoitenshu
次回開催『星月夜人形店』2015年10月20日(火)〜25日(日)自由帳ギャラリーおよびToo-tikci店内ミニギャラリーにて同時開催。
〜過去の展示会〜
人形展『春宵人形店』2015年3月17日〜24日アートギャルリ谷中ふらここ・2階ギャラリーにて開催。
『Clown Bear』

『Clown Bear』

佐々木維希さんの作品です。

佐々木さんはたいへんオシャレな女性のドールもつくられる方で、けれど今回はテディベアでご参加くださいました。

そしてそれは、この展示会にとってすごくいいことだったのではないかと作品画像をいただいて感じました。
佐々木さんのテディベアたちはどこか寂しげでセンチメンタルな風情と、少しお気楽な雰囲気を持っています。
これがわたしには少年性のように感じられます。

どうしても人形は女性作家のほうが人数も多く、モチーフも女性にかたよりがちです。
それは特に悪いことではないのですが、かたよってしまうことには違いないです。
女性作家が少年を描く時、母性を感じさせないことはほぼありません。
過去の、未来の、理想の、息子・少年像になります。

佐々木さんのテディベアたちが持つ少年性は佐々木さん自身と地つながりで、その丸い背中の向こう側に遊び疲れた帰り道の夕焼けと服にしみ込んだ土埃の匂いを背負っているようにわたしには思えます。
そしてそのセンチメンタリズムにすごく惹かれるのです。


温かみやファンタジー、少女性そこにこの魅力的な少年性が加わってはじめてこの『春宵人形店』が完成したような気がいたします。

さあ、もう残すところ1日で開店です。
どうぞ、皆さまも少しお気楽でセンチメンタル、どこか寂しげな少年の背中をのぞきに来てください。
お待ちしております。

name
email
url
comment