春宵人形企画・広報室

不定期にあちこちにあらわれる不思議なお店。魔法のかかった人形たち。Twitter:http://twitter.com/haruyoitenshu次回開催『星月夜人形店』2015年10月20日(火)〜25日(日)自由帳ギャラリーおよびToo-tikci店内ミニギャラリーにて同時開催。〜過去の展示会〜人形展『春宵人形店』2015年3月17日〜24日アートギャルリ谷中ふらここ・2階ギャラリーにて開催。
不定期にあちこちにあらわれる不思議なお店。魔法のかかった人形たち。
Twitter:http://twitter.com/haruyoitenshu
次回開催『星月夜人形店』2015年10月20日(火)〜25日(日)自由帳ギャラリーおよびToo-tikci店内ミニギャラリーにて同時開催。
〜過去の展示会〜
人形展『春宵人形店』2015年3月17日〜24日アートギャルリ谷中ふらここ・2階ギャラリーにて開催。
『箱の体』

『箱の体』

大山雅文さんの作品です。

豊満な女性の肢体を、しかも部分的に切り取りながらもいやらしさや残酷さをみじんも感じさせないのは、ただただその造形のうつくしさへと邁進している作家の姿勢によるものでしょう。

この度、『ドールアート展2015inうつくしま』における全国創作人形公募展において大山さんの作品、『蜻蛉(セイレイ)』が福島市教育委員会教育長賞を授与されました。

受賞作の画像は大山さんのブログをどうぞご覧ください。→
瑞々しく澄んだ生命感にあふれる様子に、ハッと心打たれるような作品です。

今回当人形店に出されるオブジェ、画像の『箱の体』と顔を額装した『顔の額』はこの受賞作と同じ型をつかっているそうです。
球体関節人形で関節の造形や可動など、類い稀な技術力を発揮していた作家が、動かすことのできないオブジェをつくる、それは自信の顕れに他なりません。
動かせなくても動きを感じさせる、狭い小さな箱の中でも奥行きを感じさせる、そういうところへ辿りついたという証の作品です。

今現在の大山雅文の到達点の一端をぜひこの機会にご高覧ください。

name
email
url
comment